HATS

A collection of Hats Designed and Created by Mariko Kayama

帽子との出逢い、それは
もうひとりの自分との出会い。

顔を通して見えてくる心のかたち、
限りある現身よりふとこぼれる印象、雰囲気…、
目には見えない美しさにほほえみかける帽子−布の彫刻−、
私はそのような帽子を創りつづけたいと願っています。

帽子

香山まり子展『帽子』-布の彫刻

20171220(水)26(火)

連日10:0020:00
(最終日は16:00閉場)

会場

玉川高島屋(本館)5階 アートサロン

http://www.takashimaya.co.jp/tamagawa/

東急田園都市線/東急大井町線「二子玉川駅」下車 西口から徒歩2分

地図(Googleマップ)

気分を変えたい時は、帽子をかぶることをお勧めします。しかも香山まり子さんの帽子なら最良です。香山さんの帽子は勇気と希望の守護の天使となって、あなたをやさしく包んでくれるに違いありません。

島尾伸三

お問い合せ

香山まり子 mail

[これまでのイベント]

[トップ]

香山 まり子 プロフィール

帽子作家。
北海道生まれ。
1976年 サロン・ド・シャポー学院修士課程卒。
1981年より、帽子の個展を始める。
海外での作品展、舞台衣装も手がける。
現在も、東京を中心に個展を行う。

[トップ]

2004年10月発売
写真家・潮田登久子による写真集

「帽子」

独創的な発想と優れた技術から生み出される香山まり子の「布の彫刻・帽子」の主要作品をフルカラーで収録(71点)
A4変型ハードカバー94ページ上質紙(94ページ)+別冊テキスト付き(24ページ)

HATS

制作 ushimaoda
発売日 2004.10
価格  ¥ 6,300(¥ 6,000)
ISBN  4894192942

帽子デザイナー・香山まり子によって「布の彫刻」と命名され製作された作品群のなかから、写真家・潮田登久子によって撮影された「帽子シリーズ」を収録した写真集。 [bk1の内容紹介]

インターネットで購入するには

【Amazon】 【bk1】

お申し込み・お問い合せ

潮田登久子 http://usimaoda.com
香山まり子 mail

[トップ]

Hats

"I have the greatest interest in the human being as a source of artistic inspiration and, in particular, in human relationships, which are the essence of living.
Dressing is one of humanity's greatest gifts, both allowing us to express ourselves and live our lives through our chosen garb.
The human face is perhaps the most direct expression of our feelings. To meet a face is to meet a person. I am drawn to faces that express the person's will and feelings; their own religious, musical, and aesthetic dimensions --delights, sorrows, dignity, integrity, and innate intelligence--these are the human dynamics that our faces reveal.
I started out as a mere hat-lover who soon began making hats for myself. As my working life progressed, I become increasingly aware of the profound relationship between hat and face, face and heart, and heart and life. I came to know many people through hats, which provided me with a window into their lives. Thus, hat-making has become more than a creative occupation for me, it has become a means of heartfelt unity."

- Mariko Kayama

[Top]

[ページの先頭へ戻る]